接骨院のチラシを作るとしたら・・

更新日:

先日、近所の接骨院のチラシポスティングされていた。

なぜこう作ったのか、

B5サイズのチラシに
これでもか!
というくらい店名が載ってました。

おもて面には大小で二箇所に店名が、
そして裏面はなんと店舗一覧のみが掲載。

・何店舗かある接骨院である

ということで安心させる意味で
載せたのかもしれませんね。

だとしても、
せっかくポスティングするならもったいないな〜、
と感じたのです。

ということで、

私だったらこう作るな、
というポイントをご紹介。

私としては、
接骨院っていまいちどんな症状がある時に利用するのか
よくわかっていないのですが・・(なんかすみません)

接骨院でよくみる
「保険取り扱い」
ということを前面に

押し出しているところが多いな、と感じます。
きっとそれで来る方も多いから?なんでしょうか。

例えば、

接骨院はどんな症状の時に利用するのかわからない人が、
接骨院で良くなる症状を持っていたら?

必要なのに届かない。

それってもったいないですよね。

なので、

・どんな症状がある時に行けばいいのか
・どんなこと症状を改善してくれるのか
・どんな治療をするところなのか
・数ある接骨院との違い

などが載っていると、
今まで利用したことがない人にも
響くような気がします。

必要な人に届かないのは
もったいないですから!

これは接骨院のみならず、
どんなサービスでも言えますね。

 

メルマガ登録で
理想のお客様が集まるアクションバナーの作り方
テキストをプレゼント!


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

-チラシのヒント, 起業家デザイン診断
-, , ,

Copyright© セリオデザイン , 2018 AllRights Reserved.