チラシでついやってしまいがちな文字のレイアウトとは?

先日我が家にポスティング
されていたチラシ。

整体院のチラシで手作りチラシでした。
内容がしっかりと考えて作ってあるな、
というのがよく分かるチラシでした。

そのチラシを拝見しながら、
「あ、こういう文字のレイアウトって
やってしまいがちなのかも?」
ということがあったのでご紹介。

やってしまいがち文字のレイアウト。

文字を斜めに配置する

です。

いや、もちろんありなんです。
斜めのレイアウト。
私も斜めに配置することはあります。

なんとなく惜しいな
と思ったのがこんな配置。


水平からのいきなりの斜め、そしてまた水平。

個人的には、
やるとしたらタイトルも一緒に
斜めにする、

もしくは斜めにしない(これが一番安定感と安心感、そして美しさがある)

デザインや変化を何か入れなければ、
と無理に変形させたりする必要は
あまりなくて、

いかに見やすく
情報をきちんと伝えられるか

自分で作るのであれば
デザインも含め、ここを意識することが大切です。

読み手にストレスを与えても仕方がありませんし、
そもそも
伝わらなければ意味がありませんからね^^

 

「今のあなたのデザインは仕事が
取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを
ご存知ですか?」売り込まずにお客様に出会うための
売れる仕組みとデザインのヒントを
メルマガでお伝えしています。

メルマガ登録で
売れるチラシの作り方がわかるテキストをプレゼント!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性起業家の集客をデザインの力で楽にする
人を動かす仕組みと仕掛け
アクションデザインコンサルタント

目次
閉じる