チラシに統一感を持たせるコツのひとつ。

投稿日:

チラシを作る際、
文字を枠で囲ったりしますよね。
四角だったり、丸だったり、
角を丸くしてみたり。

変化をつけるためについ
いろんな形を使いたくなりますよね。

では、図形を多用するとどう見えるのか、
について実際に例を挙げてご紹介。

例えば、こういう作り方を
していませんか?

見ていてなんとなく
統一感を感じられませんよね。

このチラシのダメポイントは
1.タイトルの枠が歪んでいる
2.囲み枠の形がバラバラ
3.文字の行間が詰まりすぎている
4.図の中の文字に余白がない
5.それぞれの枠の位置がずれている

上記のポイントを踏まえて
修正してみると・・・

こうなります。
いかがでしょうか?

載せてある内容は全く同じものですが
統一感とともに安心感を感じませんか?

つい、形が変えられるから、と
色々な形の枠を使ってしまいがち。

先ほどあげたダメポイント5つを
意識するだけで、
チラシに統一感がでます。

起業家ブランディング個別相談10月限定10枠受付中です。

「今のあなたのデザインは
仕事が取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを

ご存知ですか?」
売り込まずにお客様に出会うための

売れる仕組みとデザインのヒントを学べる。
「見た目」で損をしない起業家になる!
お客様に”信頼感”と”安心感”を与える
「仕事が取れる起業家ブランディング個別相談」
~スカイプ個別相談60分~

診断を受けた方には、
売れていくための仕組みがわかる
「信頼と安心を持ってもらう起業家を作る
セリオデザイン設計図」をプレゼント!

-チラシのヒント, デザイン論, 起業家デザイン診断
-, , , ,

Copyright© セリオデザイン , 2018 AllRights Reserved.