キャッチコピーのヒント〜あなたは何屋さんですか?〜

突然ですが質問です。

あなたは何屋さんですか?

何を提供できて、
お客様にどんなメリットを与えますか?

これを伝わるように、言えますか?

何でも屋さんになっていませんか?

私が以前はそうでした。

「デザイナーです。
チラシでも、名刺でも、ブログカスタマイズでも
なんでもやりますよ。」

幅広く言った方が反応していただけると思ったからです。

結局こうやって幅広くいうことで

「印象に残りにくくなる」

ということが起きてしまいます。

いっそのこと、〇〇の専門でやってます。

と言った方がインパクトとして残るわけです。

私の前の名刺の肩書きは
「デザイナー」としていましたが、

今は
「ブランディングデザイナー」としています。

かつ、どんな人に向けて、
という言葉も追加しています。

なんでもやりますデザイナーより、

思い出してもらいやすいはずです。

「あなたは何屋さんですか?」

を明確にしておくことをオススメします^^

言葉の決め方がわからない、
という方、起業家デザイン診断では
言葉についても診断しております。

起業家ブランディング個別相談10月限定10枠受付中です。

「今のあなたのデザインは
仕事が取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを

ご存知ですか?」
売り込まずにお客様に出会うための

売れる仕組みとデザインのヒントを学べる。
「見た目」で損をしない起業家になる!
お客様に”信頼感”と”安心感”を与える
「仕事が取れる起業家ブランディング個別相談」
~スカイプ個別相談60分~

診断を受けた方には、
売れていくための仕組みがわかる
「信頼と安心を持ってもらう起業家を作る
セリオデザイン設計図」をプレゼント!

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

女性起業家の集客をデザインの力で楽にする
人を動かす仕組みと仕掛け
アクションデザインコンサルタント

目次
閉じる