名刺の手作り感を減らすために抑えておきたいポイント

投稿日:

まだまだご自身で名刺を作られている方も多いですよね^^

今回は手作りっぽさから抜け出す秘訣をご紹介。

名刺交換をしていく中で、
あぁ〜、手作り・・と思わせる大きなポイントは二つ。

まずは一つ目。
文字の先頭が揃っていない。

 

 

 

 

 

 

それだけ?と思うかもしれませんが、
これって結構目立ちますし、素人感がでます。

特に、見ていて一番揃っていない箇所というのが
連絡先等を載せている部分。

・TEL
・住所
・メールアドレス
・ブログURL
・HP

などなど並べて載せますよね。

その部分の先頭を揃えてみてください。
それだけで安心して見れる名刺になります。

 

そして二つ目。
余白がない。

こちらも結構お見かけします。

余白がない名刺って
「あ、手作りだな」
というのがすぐわかると思います。

名刺のサイズは基本91mmX55mmなのですが、
印刷会社に印刷をお願いする場合、ある範囲まで
内容を収めてね、というルール(?)があります。

そのサイズは85X49。

 

 

 
91mmX55mmよりそれぞれの辺が3mmづつ内に入った部分です。

このサイズに収めることで丁度良い「余白」ができます。

これが手作りっぽさから抜け出せる秘訣です。

文頭を揃える。

余白を取る。

この二つを意識するだけでもずいぶん名刺のイメージが変わりますよ!

ただ、見た目が揃ったなら
中身にもこだわりたいですよね!
せっかく渡すなら反応のある名刺をぜひ
持ってもらいたいものです。

そのためにはどうするのか?
こちらで相談を受けてます!

起業家ブランディング個別相談10月限定10枠受付中です。

「今のあなたのデザインは
仕事が取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを

ご存知ですか?」
売り込まずにお客様に出会うための

売れる仕組みとデザインのヒントを学べる。
「見た目」で損をしない起業家になる!
お客様に”信頼感”と”安心感”を与える
「仕事が取れる起業家ブランディング個別相談」
~スカイプ個別相談60分~

診断を受けた方には、
売れていくための仕組みがわかる
「信頼と安心を持ってもらう起業家を作る
セリオデザイン設計図」をプレゼント!

-デザイン論, 名刺のヒント, 起業家デザイン診断
-, , ,

Copyright© セリオデザイン , 2018 AllRights Reserved.