ただあればいいだけじゃない、Facebookカバー写真

更新日:

今日はFacebookのカバー写真について。
カバー写真はブログで言ったら
ヘッダーと同じくらい重要です。

カバー写真なし、という方は
最近あまり見かけませんが、
見ただけであなたの仕事が
伝わるものになっていますか?

 

ちなみに、カバー写真って、どこ?
という方へ。

ここですね。
3.jpg

 

カバー写真、伝わる云々の前に、
拝見していると

文字が見切れていり、
画像がはみ出ていたり、
もったいない状態の方が多い

ということに気づきました。

例えばこうなっていませんか?
1.jpg

タイトルの文字がプロフィール写真で
切れてしまっています。
アピールしたい部分が見えていません。

 

例えばタイトルに
「30代向け」
とあったとしましょう。

 

肝心の「3」が枠からはみ出て
見えてない、
なんてことになっていませんか?
これはとても勿体無いことです。

 

ちなみに
プロフィール写真の位置は、
スマホとパソコンで位置が変わるので、
その辺りも考えて設置する必要があります。

 

スマホは真ん中に表示されるのです。

o0480085413776926455.jpg

 

 

パソコンはこうです。

2.jpg

 

Facebooのカバー写真で
友達リクエスト承認するかどうかを
決定する理由だったりもしますし、
ちゃんとしたカバー写真があるだけで
「信頼感」と「安心感」が全く違います。

是非とも文字も写真も見切れることなく、
一目で伝わるヘッダーを使いたいものですね^^

最近お作りしたカバー写真のデザインの
一部をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業家ブランディング個別相談10月限定10枠受付中です。

「今のあなたのデザインは
仕事が取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを

ご存知ですか?」
売り込まずにお客様に出会うための

売れる仕組みとデザインのヒントを学べる。
「見た目」で損をしない起業家になる!
お客様に”信頼感”と”安心感”を与える
「仕事が取れる起業家ブランディング個別相談」
~スカイプ個別相談60分~

診断を受けた方には、
売れていくための仕組みがわかる
「信頼と安心を持ってもらう起業家を作る
セリオデザイン設計図」をプレゼント!

保存

-起業家デザイン診断, 集客のヒント
-,

Copyright© セリオデザイン , 2018 AllRights Reserved.