デザインよりも先にプロフィール写真撮影から入るともったいないと思う理由

投稿日:

起業したての方の多くの方が
プロフィール写真だけは
不思議と撮影している、ということに
気づきました。

販促ツールのご依頼をいただくと
結構な割合でお写真をすでに
撮られている、という方が多いです。

カメラマン起業家さんが近くにいた、
やイベントで撮ってもらった、
など撮影してもらえる機会に
出会うことが多いからかもしれません。

しかしその場合、
「いかにも」のプロフィール写真である場合、

販促物を作る際に、
他と似通ったデザインしか出来上がらない

可能性が高い、ということです。
(ひとつお断りしておきますがカメラマンさんを非難しようなんてみじんも思ってませんので)

誰でも起業が出来て、
同じ肩書き、同じ資格を持った人が
たくさんいる中で、
「差別化」ということを
考えるとやはりそれでは
もったいないですよね。

先日デザイン診断を受けてくださった方は、
プロフィール写真撮影前で、
どうせ撮るならデザインや方向性を決めてから、
ということをおっしゃっていました。

もし方向性が決まらないまま
写真を撮ったとしても、
結局使えずにまた撮り直し、
ってなるのも
勿体無いことですし。
(もちろん他に使い道は有るでしょう)

そう考えると、方向性や
デザインを決めた上で撮影したほうが
時間もお金も無駄にならないし、
売れていくのも早いのではないかな、
と個人的に感じてます。

起業家ブランディング個別相談10月限定10枠受付中です。

「今のあなたのデザインは
仕事が取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを

ご存知ですか?」
売り込まずにお客様に出会うための

売れる仕組みとデザインのヒントを学べる。
「見た目」で損をしない起業家になる!
お客様に”信頼感”と”安心感”を与える
「仕事が取れる起業家ブランディング個別相談」
~スカイプ個別相談60分~

診断を受けた方には、
売れていくための仕組みがわかる
「信頼と安心を持ってもらう起業家を作る
セリオデザイン設計図」をプレゼント!

-デザイン論, 起業家デザイン診断, 集客のヒント
-, ,

Copyright© セリオデザイン , 2018 AllRights Reserved.