名刺を印刷する枚数は一体何枚がいいのか?

今回は名刺を印刷する枚数について。

印刷する枚数、一体何枚がいいの?
って思っているかたもいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

せっかく印刷するなら
枚数が多い方が一枚あたりの単価が
安くなるし、やっぱり多めに
印刷したい!という方もいるかもしれませんね。

もし、今お使いの名刺で反応が
取れているのであれば
多く印刷しても全く問題ないと思います。

でも、
これから使う名刺で
反応が取れるかどうかまだわからない、

もしくは今まで配ってきたけど反応がない、

という方に関しては大量印刷は
お勧めできません。

なぜなら
結果が取れていない、
もしくは取れるかどうかまだわからない
という名刺であれば
使い続けたところで無駄になってしまうだけ、
だからです。

何のために名刺を配りますか?
例えば目的が
ただ会った人と交換するため、ということでしたら
一枚の単価を重視して大量印刷もありでしょう。
しかし

名刺交換した人に興味を持ってもらいたい、
反応してもらいたい、
できればお客様になってもらたい

という目的を持っているのであれば、

名刺は100枚ずつ印刷するのをオススメします。

100枚配って30枚反応がなければ
反応がある名刺とは言えない

そんな(恐ろしい)言葉もあります。

100枚配り終わるごとに、
名刺を配って反応があったかなかったかを
振り返ることで、

ここが反応が良かった、
この部分は要らない、
この部分を大きくしよう、


など、次回への修正点
が出てくると思います。

そうすることで、

100枚配り切る都度、修正し反応を見ることで、
徐々に反応が取れる名刺が出来上がってきます。
大量印刷はそれからでも遅くないですよね。

「今のあなたのデザインは仕事が
取れる状態になっていますか?」
「売れていくためには流れがあることを
ご存知ですか?」
売り込まずにお客様に出会うための
売れる仕組みとデザインのヒントを
メルマガでお伝えしています。

今ならメルマガ登録で

「集客がカンタンになる!アクション名刺の作り方」
無料テキストプレゼント中!



-名刺のヒント, 起業家デザイン診断, 集客のヒント
-,

© 2020 セリオデザイン